Blogブログ

2018.01.14

下肢の疾患

2-ⅰ.足のゆびの疾患について

足のゆびは、足趾(そくし)と呼んでいます。お医者さんが「足趾」と口にしたら、足のゆびのことだと思ってください。
 
では、その足趾には、どのような疾患があるのでしょうか?
 

a.外反拇趾(がいはんぼし)

b.内反小趾(ないはんしょうし)

c.ハンマートゥ → 金槌のような爪先

d.クロートゥ → 鉤爪(かぎつめ)のような爪先

e.マレートゥ/マレットトゥ → 木槌のような爪先

f.強剛拇趾(きょうごうぼし)

g.制限拇趾(せいげんぼし)

 
▶︎足趾の変形全体をチェックする
パッと挙げただけでもこれだけの疾患があります。さらに、一つの疾患でもいくつか原因があったりします。
 
※見た目でわかる皮膚(爪も含む)の領域は、皮膚の領域でまとめています。
 

◀︎カテゴリーに戻る | ◀︎2.足部について | 2-ⅰ-a.外反拇趾▶︎